ナイトアイボーテ使って2ヶ月間で二重になることができました〜〜♪

使い始めて最初のほうは、落とし方やラインの作り方など、うまくできないこともありましたが、自分なりに正しい使い方を模索しながら使用してきました。

自分流ですが、効果を実感できた使い方のコツについてまとめてみます。

これからナイトアイボーテを始める方、使っているけどあまり効果を実感できていない方に少しでも参考になれば嬉しいですっ☆

⇒ナイトアイボーテの公式サイトはコチラ

ナイトアイボーテの使い方のコツ

口コミを見ていると「二重にならなかった」「効果がなかった」という意見も見受けられますが、その中でも「その使い方じゃダメかも(^^;」と感じるものも結構あったんですよね。

まぶたの状態によって個人差があるので『この使い方をすれば絶対に二重になれる!』と断言するものではありませんが、効果を出す前提条件として「正しい使い方」「継続」は必要だと思います。

もし、いまあなたが1週間で二重になれると思っているなら、ぶっちゃけて言ってしまうと一度考えをリセットしたほうがいいかもしれません。

まぶたが薄い、脂肪が少ない、すでにクセが少しついている、、、などの状態にある人は数日で効果を出せるかもしれませんが、長年一重で悩んでいる人のまぶたは結構しっかりとした一重の人が多いと思います。

わたしも2ヶ月はかかったので、長期的に考えておいたほうが気楽に取り組めると思いますよ。

それでは、実際に使っていく上でのコツを詳しく説明していきます。

1、欲張らないで無理のない二重幅でラインを作る

説明書にも書いてありますが、結構見落としがちだし、一番重要なポイントでもあると思ってます!!

理想の二重幅はそれぞれあるかと思いますが、まずは理想はさておき、自分の現在のまぶたで可能な範囲の二重幅を作りましょう。

可能な範囲の二重幅のチェック方法は・・・

  1. プッシャーを使ったり目に力を入れて二重にする
  2. プッシャーを外してしばらく二重をキープできるところ

とくに、脂肪が多めで厚めの一重の人だと、このやり方だと二重幅は小さい末広型だったり、奥二重くらいでしかキープできないと思います。

でも、ここが現時点でクセがつけられる二重幅です。

自分のまぶたに合わない幅で大きく作ると、まぶたが無理に引っ張られるのでナイトアイボーテを落とした後に余計に腫れぼったくなってしまったり、二重のクセが少しついていたり奥二重だったりしたのが一重になってしまったりと、悪い方向に進んでしまいます。

なので、欲張らないで自分の可能な幅を確認して、その幅を毎回守るようにナイトアイボーテを塗っていきましょう。

塗り方のコツ


塗り方のコツですが、筆をべたっと倒してつけるよりも、先端で塗っていくイメージで使うと塗りやすいです。

また、まぶたをくっつけるときは、できるだけ乾かした状態を作ってからのほうが接着しやすいのでオススメです。

2、落とすときはゴシゴシこすらないで優しく

無理のない幅で、しっかり乾かしてから接着すると朝起きた時に二重の状態がキープできています。

外れてしまっている場合は、幅が広すぎるか乾いていない状態でつけて強度が弱くなっている可能性があるので、気をつけてみてください。

で、次に肝心なのが「ナイトアイボーテの落とし方」!!

ナイトアイボーテは普通のアイプチよりも接着強度が高いので、通常のようにペロッと剥がすことが難しいです。

こすってしまうと白いカサカサになって余計に落としづらくなってしまいますし、刺激になって腫れたり赤くなったりするので、せっかくつけたクセが台無しになってしまいます。

絶対に無理やりこすって落とすのはNGです!!!

そこで、オススメなのが『ホットタオル+ベビーオイル』です。

朝起きたら、濡らして絞ったタオルをレンジでチンして温めてナイトアイボーテをふやかします。

そのあとに、ベビーオイルでくるくると優しく落とします。

毎日やるのはちょっとめんどいけど、まぶたに負担なく落とせるのでオススメです。

落とす時間が惜しい人は使わない方がいい

口コミで「忙しい朝に落とせなくて大変」との意見もありましたが、強度が強くてすぐに落とせないとダメなんて、正直欲張りすぎだと思います。

強度を考えるなら、時間はかかることは多少割り切って考えないと使っていくのは難しいんじゃないかな・・・(^^;

わたしも朝が強い方じゃないので時間かからない方がもちろん良いです。

でも、やっぱり二重になりたいし少しくらいの努力は必要だと思うようにしてナイトアイボーテを使っていました。

落とす時間がかかることが我慢できない人は、ナイトアイボーテは買わない方がいいと思います。

朝からイライラするのは良くないですもんね。。。(笑)

ナイトアイボーテを落とす時間を考えて朝の時間配分を組み立てするように意識すれば、できるだけストレスなく使えると思います。

わたしも最初はめんどくさいと思っていましたが、朝一でホットタオルすると気持ちいし目も覚めるので良い習慣になってますよ♪

3、日中も同じ幅でメイクする

日中はアイテープなどで二重メイクをしている人、そのまま一重で過ごしている人と人によって違いますが、オススメはできるだけ日中も夜と同じ二重幅でメイクをしておくことです。

せっかく夜にクセをつけていても、それ以上広い幅でメイクをしたりすれば伸びてしまうし、反対に一重のままにしておくのも重力がかかってもったいないです。

メイクのこだわりや校則などで難しい方もいるかもしれませんが、できるだけ夜と昼間の二重の状態を近づけてよりクセをつけられるように意識しておくのがオススメです。

使い方のコツ:まとめ

最初にも書いたとおり、まぶたの状態には個人差があるので、これで絶対に二重になれると約束できる方法ではありません。

あくまでも、自分が実際に使っていくうえで意識してきたポイントですが、これを意識しないでただ塗っていただけでは二重になれなかったかもしれないと思っています。

少しでも参考になれば嬉しいですっっ☆

⇒ナイトアイボーテの公式サイトはコチラ